出会い系ゲットまでの流れを解説【基礎編】~詳解・Sちゃんとの面接

出会い系ゲットまでの流れを解説

どうも、出会い系マスターの遊歩です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

出会い系でのアポ後、会ってゲットするまでの流れを実際の事例を基に解説を交えながら丁寧に書いてみました。この記事を読むことで、面接のおおまかな流れとゲットまでのテクニックの多くを学んでいただけると思います。

最近会った、出会い系の初心者の方から 「アポった後、実際に会った際にどうやったら女の子とHまで持っていけるのですか?」と聞かれたので、そういう方の参考になればと思い、なるべく丁寧に書いてみます。

あんまり詳しく書くのはこっぱずかしいんですが・・・。
出会い系に限らず、「対女の子戦略」としては普遍性がある内容だと思います。
まぁボクの”極秘メソッド“の一部を公開します。なんてね。
※ちなみにかなり長いです。なので腰を落ち着けてじっくり読んでください。

なお、オススメの出会い系サイトはこちらの記事で書いています。↓

安心して使える!出会い系サイト&アプリ、厳選ランキング

2017.11.08

はじめに・面接前夜

さて、明日はいよいよ面接です。面接前夜は期待と不安が入り混じって、とてもワクワクするものです。
お相手はSちゃん(仮名)21歳のピチピチ大学生です。
サイトからLINEに移行してから大体1週間くらいでアポりました。

会ってからどんな風に進めていくかは、ある程度頭の中でシミュレーションしておいた方がいいですね。特に慣れないうちは大切です。慣れてしまえば、毎回同じルーティーンをこなすだけなので、ほぼ無意識でも動けます。

で、先にどんな感じの子だったかを書いておきますね。

格付けは、「上の中」と位置付けました!
かなりの上物です。Sちゃん(仮称)大学生21歳@上中。
GET出来なかったら悔しさのあまり「特」をつけていたかもしれません。昔の沢口靖子っぽい顔立ちです。若い頃の沢口靖子をちょっと細くした感じかなぁ。街で歩いてたら「オッ!」って見るくらいのレベルですね。服装的にもギャルとかじゃないけど、全然イケてます。JJ系、若しくはお嬢様系って感じかな。っていうかすごい自慢したいんだよね~。ごめんね~。笑

ただ、Hした感想として、そんなに抱き心地がボク好みじゃないかったので、総合的にはちょっとランクが低くなっちゃうかな。「また会ってHしたい」って感じではなかったです。おかわりはナシです。

どうしても全裸にして身体とかを全部を見ちゃうと完璧を求めるのはなかなか難しいです。特に肌質にはうるさいんですよ、ボク。本音としては、Hしてさらにハマっちゃうような子と出会いたいですね。

序論:出会い系に王道なし

これからボクの方法論を書きますが、まず初学者の方に分かったおいて もらいたいのは、出会い系に王道なし、ということです。 これはあくまでもボクの方法であって、「あぁこういう人もいるのかぁ」と参考程度にして いただければと思います。方法には何でも向き、不向きがあるので、各自が編み出していくしかないと思います。

もちろん、誰にでも応用可能な方法はあります(じゃないとこういう 文章を書く意味もないし)。
ですが、やっぱり最後は自分の得意パターンを身につけるのが近道です。そう、「自分のパターン」を持つことが大切。それぞれが持っている条件が違うんだからあたりまえですね。

各自のルックスレベルや使えるお金、車の有無、一人暮らしか否か、など自分のスペックを冷静に分析した上で、上手く自分をプロデュースしましょう。プロデュース感覚を磨くことが成功の秘訣です。

世界最古の兵法書『孫子』は述べています。
敵を知り己を知れば百戦して危うからず。己を知って敵を知らなければ勝敗の確率は五分五分。敵を知らず己をも知らなければ必ず敗れる。」と。

使えるものは全部使ってもいいと思っています。別に金の力にまかせてGETするのが 悪いこととも思いません。金があるってのもその人のポテンシャリティの一つでしょ。ボクはなるべくリーズナブルにGETしたい派ですけど。

データとしては昨日の面接にかけたお金は約200円(DVDレンタル代)です。そのかわり、DVDを観ながら食べるお菓子なんかはSちゃんが買ってくれました。ボクは一人暮らしってのをフルに活用しています。

ファーストメールからアポまで

それでは各論に入っていきます。

初メールから面接までを振り返ってみます。

サイトで初メッセを送ったのは、4月8日です。で、面接が22日。ちょうど2週間かかってますね。LINEの交換をしてから1週間でアポ確定しました。

ボクは初メッセで「違う画像も送るよ」って書きます。そのため、プロフの写真はあえて少し分かりにくいものを載せています。これだけでも初メッセの返信率は格段に上がります。所詮、誰だって気になるのは相手のルックスじゃん?

そして、やりとりが始まると慣性の法則が働いて、仮に送った画像が大したことなくてもズルズルとやり取りは続いていきます。ルックスに自信がない人でも、実際に会って拒否られるよりはいいと思います。最強の写真を送りましょう!(笑)大丈夫です!会っちゃえばなんとかなるもんです。

大昔は、ネットでの出会いって相手の顔が見れない場合も多かったんですが、最近は女の子もガンガン写真載せてますよね。会う前に大体でも顔が見れるなんてすごいことですよ。いやぁいい時代になったものだなぁ。こっちがルックスにこだわっていることが伝われば、著しくレベルの低い子は自分から身を引きますよ。

ただ、壊れてる娘はそんなんおかまいなしだと思うけど、そういう娘はメッセの文面や電話した感じで分かるはずです。ボクは不安要素が高い場合は、できるだけ電話での会話をはさむようにしています。直接声を聴くと大体どんなジャンルの子か分かりますよね。どれくらい自分に自信を持っているかとか。周りからどんな扱いをされているかとか。

しかし、ブス疑惑が濃厚な場合でも、会える案件は会わずにはおれないのが出会い系マスターの性です(笑)。やっぱりなんだかんだ言っても会ってみるまでは分からない、ってのが現実ですから。

まぁ今回は向こうの画像は無しでしたが。若い頃の沢口靖子に似てるって言われるとのことだったので、目鼻立ちがしっかりしてて、ブスではないんだろうなぁと思い「GOサイン」を出しました。

今回は画像交換後、数回やりとりしてすぐにLINEのアドレスを投げました。ちょっと東京を離れてる間にちょこちょこやりとりして、「東京に戻ったら遊んでね」って向こうから言ってきたので、まぁ楽勝パターンですね♪

で、上京後、向こうから「話してみたい」ってことだったので、ちょっとおしゃべりをしました。

はじめ声を聞いた感じ、正直、あんまり可愛くないっぽいなぁ、と思いました。さばさばした感じの声でした。電話で話すと相手のルックスについて多くの情報を得ることができます。

ボクがよく使っているのは「誰かに似てるとか言われる??」って質問してみます。
「なんだそんなありきたりの質問」って思いましたか??
普通に誰もが使ってる質問だと思います。
しかし、ここで重要なのは相手が「誰に似てると答えるか」ではないのです。ここで、質問された彼女の声のトーンに全神経を集中させて下さい。この一連の会話を注意深く(言った内容じゃないよ)聞くことで、彼女が世間からどういう扱いをされてるのか、察知出来るはずです。難しいかもしれませんが、訓練ですよ。

ここで、「言われたことない」って娘はちょっとブスの可能性があります。実際、ある程度可愛い娘、社交的な娘なら、絶対そういう話題に巻き込まれたことがあるはずだからです。本当に言われたことがないのか、それとも色々言われるけど、言いたくないのかを探りましょう。

さらに、結構可愛い娘に似てると言ったら、「そーなんだー、じゃあ、よくナンパとかされるでしょ?」と振ってみましょう。色んな答えが返ってくるでしょうが、大体のルックスレベルが分かるでしょう。あとは、好きなファッション雑誌とかブランドとか聞けば系統も分かりますよね。

電話でSちゃんは「映画を観に行きたい」と言いました。でも映画を観に行くってのは面倒だし、自宅から遠く離れると結果として、ラブホ使用なんてことになったら無駄にお金もかかるので、「ボクの部屋でDVD観よーよ!」ってことにしました。

ちなみにボクは会うまではHな話しは一切しません。頭で色々思考させない方がいいからです。真面目な娘だったら、もう会ってはくれなくなるかもしれません。そして、真面目な娘が実際に会った時、Hを拒否するとは限らないのです。これはとても重要なことです。

ボクはテストクロージングに入るまでは完全に「いい人モード」を貫きます。これが基本です。会ってなんぼなんです。 会っちゃえばこっちのものなので、それまでは余計な不安要素はできるだけ排除します。

LINEやり取り概論

ここでは初心者の方から受ける質問の多い、LINEでのやり取りの内容について、ボクがどーやってるか、ちょっと書いてみます。
どうも、初学者の方はなかなか面接までいけないみたいなので。

ボクはストリートナンパをしていた経験もあるので、面接に対するドキドキ感ってそんなになかったんですが、それでも初めて出会い系で面接した時は「これはおいしいなぁ」と思いましたよ。出会い系のHPって、あらかじめ、身長、体重とかのスペックが書いてあったりするじゃん。コメントとかも読める訳だから、その時点で結構ターゲット絞れるのがいいです。これが、ハズレを引かないコツかなぁ。経験を積めば積むほど上手くなります。

短い書き込みから相手の性質を察知するのです。つまり、ニックネームの付け方から助詞の使い方、微妙な言い回しや句読点の付け方、そういう「言葉の使い方」から相手のタイプを直感的に察知するのです。これは何も特別な能力ではなくて、長年やってれば誰でも培われると思います。量稽古ですね。体育会的な身体訓練の成果とでもいいましょうか。

あと、会ったら誰でも簡単にH出来る訳じゃないですよ。風俗じゃないんだからさ。普通の女の子が来る訳だから、後はコミュニケーションで落としていくしかないです。一般社会と同じで、モテない人は苦労するだろうし、一般社会でモテる人はたやすくゲット出来るでしょう。あたりまえですね。

すごい真面目な子とかも来る可能性あるし、こっちがリアクション起こさなければ普通にデートしてバイバイってことにもなります。あと、結構本気で付き会いたいと思ってる子も多いから、上手くやらないとHした後、地雷化されます。笑

ボクは初心者の頃はこの点で苦労しました。今はほとんど問題ないです。ボクは雰囲気で遊びと分からせます。基本的には口には出しません。まぁ「もの言わぬ共了解」の中での「戯れ」ってやつですよ。結果として女の子を泣かしてしまうこともたまにはありますが、それは男女の関係なので致し方のないことです。もちろん人として出来る限り傷つけないようにはしますけど。

LINEのやり取りは普通にしゃべってるみたく、かなり軽いのりで書いてます。あらかじめ、会話の切り出し方、アポの切り出し方とか、段階ごとにひな形を用意しておけば、頭使わなくていいですよ。毎回ほとんど同じでも大丈夫なので。

LINE会話は、たくさんの女の子とやり取りとしていれば、すぐに慣れます。複数サイト絨毯爆撃作戦を使えば嫌でも慣れます。でも、やっぱり初めはある程度、緻密に分析した方がいいとは思いますけど。

注意することとして、あまり入れ込みすぎないことです。一喜一憂してると疲れますから。入れ込み過ぎると、いきなり返事が来なくなった時など、深い絶望を味わいます。会ってからが勝負だと思って下さい。会うまでは相手の情報収集です。無感情で機械的にできるようになりましょう。

あと、この段階では「普通の人」でいいんです。だからあんまり特殊なことを書かない方がいいと思います。特殊な設定にすると面白がって会話はしてくれるかもしれないけど、いざ会おうってなったときに、「会うのはちょっと・・・」ってなる可能性があります。多くの女の子が出会い系とか、匿名メディアで一番恐れているのは、会った人が「普通」じゃなかった場合だからです。

また、LINE会話は所詮は電話で話す前のワンクッションに過ぎないので、一刻も早く、直接会話に持っていくことを目指しましょう。まぁ長期戦になるとなかなかそうもいかないけどね。話してしまえば話がはやいです。

面接の流れ

出会い系において、面接に出かける時は決して大きな期待を抱いてはいけません。「会うまでは常に相手を疑え!」の精神が必要です。一瞬の油断が命取りとなります。笑
期待はずれに晒された時、ショックはでかいです。

が、どんな子が来るんだろう?といった宝くじ的強度が得られるのは大きな楽しみのひとつでもありますよね。
どんな娘が来ても楽しむスタンスがあればい良い経験、勉強になります。

あと、面接(というか性愛全般)に置いてボクがひとつの価値基準としているのは、如何に「濃密な時間」を過ごしたかということです。だからボクにとって女の子の質(可愛さ)は絶対ではありません。さらに言うならゲットの成否も事後となっては、実はどーでもいいことなのかも知れません。

面接は一般的に
「アイスブレーキング」⇒「なごみ」⇒「テストクロージング」⇒「クロージング」
といった感じで流れていきます。

「アイスブレーキング」ってのは、リラックスしてもらための雑談みたいなものです。

「なごみ」はそのままです、仲良しになって、男と女だということを認識させましょう。

「テストクロージング」では、ボディタッチなど、ちょっとづつ距離をつめて相手の反応を見ます。

で、オッケーなら、「クロージング」で一気にエッチまでもっていきます。

手順は結構大切です。面倒でも忠実にこなした方がいいでしょう。
ボクも面倒になって、いきなりクロージングしようとして、失敗したこともあります。そういう時も後になって思えば手順さえ守っていればゲットできたんじゃないかと思うことも多いです。

今回、ボクが面接にあたって抱いていた危惧は「もしかしたら牛さんなんじゃ?」といった事でした。なぜなら事前に体重を押さえてなかったからです。

待ち合わせた時間の13時に自宅の最寄り駅まで迎えにいきました。
電話すると、ちょうど着いた所でした。
明確な情報としてはスカートを履いているということしか与えられていませんでした。

はじめ、小汚い格好をした、すさまじい下&牛が近付いてきた時はかなりギョッとしましたが、その後ろから、天使のような笑みを浮かべた美人さんが手を振って歩いてきます。
目鼻立ちのはっきりした感じの、文句のない美人です。
この時点ですでに「やれる!(ニヤリ)」と思いました。だいたい、目が合った瞬間にやれるかどうかは分かります。

今回は部屋で、映画を観ることになっていたので軽く挨拶を交わし家に向かいます。

得意パターンを作れ!

ボクは、面接においてはいくつか定型化したパターンがあります。多くのナンパ師さんも自分のパターンを持っていると思います。
ボクが一番良く使うパターンは、最寄り駅で待ち合わせ→カラオケ→家に持ち帰り、って感じ。ものすごくシンプルです。
ここで、カラオケの替わりにカフェにしたりすることもあるけれど、大抵このパターンです。極めてリーズナブル。ワンパターンで、行く店も決まっています。店員さんにも覚えられています。笑

カラオケでは基本的に何もしません。完全に「いい人モード」。いい雰囲気を作ることだけを考えています。あと女の子が強く行きたがる場合を除いては、お酒を飲みには滅多に行きません。無駄にお金がかかるし、お酒を飲んで酔った状態でエッチしたくないからです。

※注 女の子がエッチする自分への言い訳に「酔っぱらっちゃったから」ってのを使いたい場合というのがあって、そういうのが何となく分かった場合には飲みにいくこともあります。

さて、爽やかに挨拶を交わした二人は以前からの知り合いのように歩き始めました。「いやぁ、こういう形で知り合うのって初めてだから、なんかドキドキしちゃうよ~」とかなんとか言っちゃって、純情くんを気取ります。笑

今回の面接では、部屋で映画を観るということになっていたので、とりあず近くのTSUTAYAに行きます。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を借りました。結構古い映画です。以前観て面白かったので、まだ観てないと言うSちゃん@上にオススメしました。この映画を選んだ理由は90分くらいで終わる短い作品だからです。

可愛い子羊を目の前にして、長い映画を見るのは苦痛なのでなるべく短いのを選びました。ホントは映画なんてどーでもいいんですが、まぁタテマエです。「女の子は本音が嫌いです。タテマエを大切にしましょう!」要は女の子に「言い訳」を与えてあげるのです。コレ大切!!

で、部屋に行きます。
ボクの部屋は居場所がベッドの上しかないんです。笑 ベッドに座るしかないので、部屋に来れば自ずとそういう雰囲気になります。(ここでベッドに座ってくれない娘はダメっ娘ちゃんの可能性が高いです。)
今回は、この企画を書くために「絶対にゲットしなければ!」という強い使命感もあったので、丁寧に時間をかけて、クロージングにもっていきます。

映画を見て、音楽聞いたり、和やかな雰囲気になります。と、枕元に置いてあった「オムロン低周波治療機」にSちゃんが興味を示しました。コレ知ってますか??なんかパッドみたいなのを肩とかに貼ると電気が流れて揉んだり押したりしてくれるものです。

結果として、コレはすごい使えました。これからも使おうと思いました。笑 自然にボディタッチをして、テストクロージングにもっていけます。まぁ全然楽勝でした。全然嫌がりません。

クロージングとSちゃんの切り札

脱がそうとすると多少の恥じらいを示しましたが、そんなの抵抗の内に入りません。ラクショーです。
まぁちょっとくらい焦らしてくれないと可愛気がないですし。が、下の方に手をやると、ナプキン装着してます!!
生理なの??」って聞いたら、「うん、でももう終わったから」って。

ここでボクは考えました。
Sちゃんはこれをいざと言う時の切り札にしようとしてたのかな??
Hしたくなかったら、生理って言って逃げようとしてたのか??
う~む、この女、場慣れしてやがるな!?
実際、ナプキンには全く血はついていませんでした・・・。

まっ、いっか!ヾ( ゚∀゚)ノ゙

抱き心地はイマイチだったけど、可愛い娘とするのは、やっぱり楽しいね~♪
この娘は終始一貫して、二人は共通点が多いことをアッピールしようとしていましたが、一応適当に合わせつつ黙殺しておきました。爆
泊まっていきたそうにしてたけど、さり気なく「帰らせトーク」を使います。

そんな感じでひと仕事を終えたボクは、爽やかにSちゃんを放流しました。

さいごに

以上で、Sちゃんとの面接の解説を終わらせて頂きますが、いかがでしたか??
長い雑文を最後まで読んでくれたあなた!どうもありがとうございます!ちょっとでもあなたの参考になったのなら嬉しいです♪分かりにくい箇所もあったかもしれませんが、ご容赦くださいね。

感想や訊いてみたいことがありましたら、ぜひコメント欄にメッセージくださいね♪

こういうノウハウや思考みたいなものは書こうと思えば、いくらでも掘り下げられるので、また機会があったら、違う視点からでも書いてみたいと思います。

これから出会い系ナンパをやる人の参考になればとてもうれしーです!

面接まで行っちゃえばある程度は全部一緒ですよ。落とす過程なんて。出会い系、ストナン、合コンとか。要するにLINEなり、メアドなりをゲットして、そっから「アポ」を取り付け、面接してGETまで持っていく、と。この辺はどんな出会いでも全部一緒だと思います。

ちなみに、今回のSちゃんとはここで出会いました。ボクが一番たくさん女の子と出会っているサイトです。まだいたりして・・・。

YYC

自分も出会い系で女の子と遊んでみたいと思ったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

退屈な人生を刺激に満ちた人生に・・・。

おしまい♪

安心して使える!出会い系サイト&アプリ、厳選ランキング

2017.11.08

管理人プロフィール

2017.06.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です